自宅から遠い時には

みなさんもちらほら「本タラバ」という様な名前が耳に入ることがあろうかと考えますが、鍋料理で定番の「本タラバ」は「本物のタラバガニ」という理由から「本タラバ」と言っているらしい。

お取り寄せはいかがでしょうか

甘い身が繊細でとても柔らかい本ズワイガニは水揚後直送してくれる通信販売のかにを依頼してください。通販をしているところから本ズワイガニを購入した暁には、先ず差があるのが明確になることなのです。

上質な舌触り

ほとんどの毛ガニは甲羅の大きさが11~13cm水準の思っているほど大きくないカニで、水揚げの初期は紫色のような褐色となっていますが、ゆでた後には華やかな赤色に変化してしまうのです。

食事に行ったり

冬と聞くとカニが絶品な時節ですが、山陰地方で生息している松葉ガニと同様に人気なのが瀬戸内海で獲れる新鮮なワタリガニです。正式な名前はガザミとなっていて、今日では瀬戸内で一番人気のカニと言われています。

インターネット通販

捕獲量は微量なので、最近まで北海道以外での取引はありませんでしたが、インターネット通販が広く広まることで、全国各地で新鮮な花咲ガニを賞味することが可能になりました。

旬のワタリガニを見た時に

切り分けられていない最高の花咲ガニが届いたような場合、解体するときに手に傷をつけてしまうことも考えられるので、料理用のものがなければ軍手などでも使用したほうが良いでしょう。

断言できます

何か調理しなくても食べるのも嬉しい花咲ガニは、食べやすくぶつ切りにし味噌汁として召し上がるのもまた味わい深いです。本家本元の北海道ではカニを入れていただく味噌汁を「鉄砲汁」と呼ぶようです。