栄養バランスのいい食生活や体を動かすことはもちろん、肉体や精神の健康やビューティーのために、特に欲しい栄養を補うために様々な種類のサプリメントを利用する事が一般的なものになったそうです。
上が140以上、下が90以上の高血圧がある程度続くと、身体中の血管に大きなダメージがかかった結果、身体中のいろんな血管にトラブルが発生して、合併症を発症するリスクが高くなるのです。
急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、一番代表的な中耳炎で乳幼児に起こりやすい病気です。耐え難い耳の痛みや38℃以上の発熱、ひどい鼓膜の腫れ、膿が流れる耳漏などの多様な症状が発生するのです。
「肝機能の減衰」については、血液検査のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)等の値によって分かりますが、ここ数年間で肝機能が悪化している人数がだんだん増えていると言われています。
ジェネリック医薬品は新薬の特許切れの後に購入できて、新薬と同じ成分で金銭的な負荷を抑制できる(クスリの価格の廉価な)後発医薬品のことをいいます。
「体脂肪率(body fat percentage)」というのは、体の中の脂肪が占有している比重のことを言い、「体脂肪率(たいしぼうりつ)=体脂肪量(somatic fat volume)÷体重×100」という計算で表すことができます。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というのは皮脂の分泌異常が主因で発病する湿疹で、分泌がおかしくなる要因としてステロイドホルモンの一種である性ホルモンのバランスの乱れやリボフラビンなどビタミンB群の欠乏等が挙げられます。
脳卒中のクモ膜下出血は9割弱が脳動脈瘤と呼ばれる血管にできる不要なコブが裂ける事で罹患する脳の病気だという知識を多くの人が持っています。
自転車事故や山での滑落など、とても強い外力が身体にかかった場合は、複数の場所に骨折がもたらされてしまったり、開放骨折に至ったり、酷くなると内臓が損傷してしまうこともままあります。
脳内のセロトニン神経は、自律神経のバランスを調整したり痛みを抑制し、様々な器官の覚醒などを操作していて、鬱病の患者さんはその力が弱くなっていることが明らかになっているのだ。
基礎代謝というのは人間が何もせずに動かなくても消費してしまうエネルギーのことですが、その50%以上を全身の骨格筋・最大の内臓である肝臓・大量の糖質を消費する脳が使うというのが今や常識となっています。
ビタミン欠乏症である脚気(かっけ)の症状は、手や脚がジンジンと痺れるような感覚があったり下肢の浮腫などがよく訴えられ、発症から時間が経ってしまうと、最も重症のケースでは心不全を齎すことがあります。
日光に当たると生成されるV.D.は、カルシウムが体に吸収されるのを助けるという特長が特に認知されており、血中の濃度をコントロールし、筋肉の機能を操作したり、骨を作ったりしてくれます。
トコトリエノールの働きとしては酸化を防ぐ作用が特に知られていますが、更に肌をきれいに保つ作用や、血清コレステロールの生成を抑制したりすることが知られています。
70才以上の高齢者や病気を患っている人は、より肺炎を起こしやすく治りにくいという傾向があるため、常日頃から予防する意識や早めの処置が必要です。