患者数が増加しているうつ病は脳内で分泌される神経伝達物質のセロトニンが不足し、憂うつ、数時間しか眠れない不眠、なかなか抜けない倦怠感、食欲の低下、体重の減少、強い焦燥感、顕著な意欲の低下、希死念慮、そして重症になると自殺企図などの様々な症状が出現します。
呼吸器感染症の季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、今日までの研究によって、ワクチンの予防接種効果が見込まれるのは、注射した2週間後からおよそ150日ほどと考えられているようです。
食事という行為は、食べ物をなんとなく口へ運んで何度か噛んで後は飲み込むだけだが、そのあと人体は実に律儀に機能し食物を身体に取り込む努力をし続けているのだ。
強い痛みを伴うヘルニアは正式には「椎間板ヘルニア」と呼び、背骨と背骨の間でクッションみたいな役割をする椎間板という名前の柔らかい円形の線維軟骨が飛び出した様子を表しています。
脂溶性であるV.D.は、カルシウムが人体に吸収されるのを促すという事が知られており、血液の中のCa濃度を調節し、筋肉の動作を操作したり、骨を生成してくれます。
耳鳴りには種類があり、当事者にしか感じられないという特徴を持った「自覚的耳鳴り」と、血流の音のように当事者と他の人にも高品質なマイクロホンをあてたりすると感じられると言われている「他覚的耳鳴り」とがあり、治療法が異なります。
HMSの研究によれば、通常のコーヒーと比較して1日あたり2杯よりも多くカフェインレスコーヒーを飲用すれば、なんと直腸ガンの発症率を半分も減少させることができたとのことだ。
アルコールを分解する肝臓に中性脂肪や食物由来コレステロールが多く溜まった脂肪肝(steatosis hepatis)という病気は、動脈硬化や脳梗塞を始めとする多様な健康障害の合併症を招く恐れがあるのです。
感染症のポリオを予防する不活化ポリオワクチンは、今までの生ワクチンにかわって、平成24年9月以降は任意接種ではなく定期接種集団接種ではなくクリニックなどの医療機関で注射するスケジュール管理の必要な個別接種という扱いに変わりました。
バイク事故や建築現場での転落など、著しく大きな圧力が体にかかった場合は、複数の箇所に骨折がもたらされたり、開放骨折に至ったり、加えて臓器が負傷してしまうこともよくあります。
AIDSというのはHIVの感染によって引き起こされるウイルス感染症の事であり、免疫不全へと至り些細な真菌などが原因の日和見感染や悪性腫瘍を複数発症する病状を指しているのです。
「ストレス」というものは、「なくさなければいけない」「除外すべき」ものと思いがちですが、本当は、人は日々ストレスを体験するからこそ、生活し続けることが可能になっているのです。
めまいが診られず、しつこく不快な耳鳴りと難聴の症状のみをいつまでも繰り返すタイプのことを「蝸牛型メヌエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」と診断するような症例があるということはあまり知られていません。
生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓(すいぞう)にある血糖値に関与しているβ細胞が壊れてしまうことが原因となり、膵臓からは大半のインスリンが出なくなることによって発症に至る自己免疫性の糖尿病です。
くしゃみに鼻みず、鼻づまりに目の痒み・ゴロゴロするような異物感などの花粉症の嫌な症状は、アレルギーを引き起こす花粉の放出される量に追従したかのように深刻化する性質があるとのことです。