ともすると「ストレス」というのは、「溜めてはいけないもの」「除去しなければいけない」ものとされていますが、其の実、私たち人間は様々なストレスを体験するからこそ、生き延びることができています。
30〜39才までの間に更年期が来たとすれば、医学的な用語ではPOF(Premature Ovarian Failure)という女性疾患に当てはまります(日本においては40歳以下の比較的若い女性が閉経する症状を「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」と称しています)。
「とにかく時間がない」「面倒ないろんなお付き合いが嫌」「テクノロジーや情報のハイレベルな進歩に追いつくのが大変だ」など、ストレスを感じてしまう主因は人によって違うようです。
マスクが欠かせない花粉症とは、森林のスギやヒノキ、ブタクサなどの様々な植物の花粉がアレルゲンとなって、クシャミ・皮膚の痒み・鼻詰まり・鼻水などの辛いアレルギー症状を引き起こす病気なのです。
クシャミ、鼻水、鼻詰まりや目の痒み・ゴロゴロするような異物感などの花粉症の嫌な症状は、アレルギーを誘発する花粉の放出される量に比例しているかのように悪化の一途を辿るという特徴があるというのは周知の事実です。
AIDSとはHIVの感染が原因となって起こるウイルス感染症の病名で、免疫不全へと至って些細な真菌などが原因の日和見感染や悪性新生物などを発症してしまう病状のことを称します。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)とは皮脂分泌の異常により起こる発疹で、分泌の異常の因子として生殖ホルモンの均衡の乱れやナイアシンなどビタミンBコンプレックスの枯渇などが関わっています。
ビタミンB6には、かの有名なアミノ酸(Amino acid)をクエン酸回路と呼ばれるエネルギーの代謝のために必要な回路へいれるため、それ以上に細分化させるのを助長するという作用もあるのです。
「肝機能の低下」については、血液検査項目のASTやALT、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)等の数値で分かりますが、ここ数年間で肝臓の機能が低下している人の数が明らかに増加していると報じられています。
拡張期血圧90以上の高血圧が長期間継続すると、血管に重い負担がかかった結果、身体中至る所のありとあらゆる場所の血管に障害が生じて、合併症を誘引する度合いが高まると言われています。
過飲過食、体重過量、運動不足、遺伝、不規則な生活、精神的なストレス、加齢というような様々な誘因によって、インスリン分泌が衰えたり、働きが鈍くなったりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病(ICD-10:E11)を発病することになります。
日光を浴びると生成されるビタミンDは、カルシウムが吸収される行程を補助する特長で知られており、血中のカルシウムの濃度をコントロールし、筋繊維の機能を適切に操ったり、骨を作ってくれます。
亜鉛は、DNAや蛋白質を合成させるために欠かせない色々な酵素や、細胞や組織の入れ替わりに関わる酵素など、200種類以上存在する酵素を構成する物質として絶対に欠かせないミネラル分だといわれています。
自分で外から見ただけでは折ったのかどうか自信がない時は、怪我をしてしまった部分の骨を弱めに突いてみて、もしその部分に激しい痛みが響けば骨折かもしれないので、すぐ整形外科を受診しましょう。
いんきんたむしとは、正式には股部白癬と呼び、白癬菌というかびが陰嚢(いんのう)、股部、臀部などにうつり、定着する病気のことであり簡単に言うと水虫のことです。